認知症にならずに健康に過ごす【予防方法を知って解決】

男女

記事一覧

女性に多い病気の治療

漢方

中高年の女性に多い更年期障害は、人によって症状や程度が異なります。主な治療法はホルモン剤によるものですが、人によっては合わないこともあります。その場合、漢方薬やサプリメントを使って症状を和らげる代替方法もあります。

詳しくはこちら

パンパンの足を改善する

女性

むくみ対策サプリの特色は、余分な水分や塩分を排出し、代謝を高め、身体を温めてくれる効果があります。むくみ改善には運動が重要ですが、忙しい場合には、サプリに頼る事も考えてみましょう。むくみ改善だけでなく、美容成分が配合されているサプリもあります。

詳しくはこちら

カフェインで脳を守る

シニア

コーヒーや紅茶の効果

認知症予防に効果があると、最近ニュースで伝えられた成分があります。それがコーヒーや紅茶に含まれているカフェインです。カフェインは目を覚ますのに効果的なもので、朝の目覚めや仕事の合間にコーヒーや紅茶を飲む人が多くいます。そのカフェインが認知症予防に効果があると脳の研究グループが発見し、カフェインを摂取したマウスとしないマウスとの脳の実験に違いがあらわれたと伝えられました。認知症の原因となるものがアミロイドβという物質なのですが、カフェインを摂取したマウスの脳のアミロイドβの量が50パーセント減少したというデータがあらわれたのです。しかもコーヒーや紅茶にはポリフェノールも含まれ、活性酸素の増えすぎを抑える働きもあり、予防するのにさらに効果的といわれています。

飲む量を考える

しかしカフェインは認知症予防に効果的ではありますが、飲む量を誤ってしまうと今度は身体に悪影響を及ぼす可能性も出てくるので、飲み方や飲む量には気をつけなければなりません。コーヒーや紅茶は1日に2杯から3杯程度の量が良く、それ以上飲むと不眠となってしまうこともあるといいます。そして認知量を予防するために飲むのであれば、毎日同じ量を飲み続けると効果が良くなるといいます。つまり、コーヒーを2杯飲むのであれば毎日同じ2杯の量を飲み続けることで、その量が突然変わってしまうと効果が弱まってしまうと伝えられています。より効果的にしたいのであれば、2杯から3杯に変えたり、2杯を1杯に変えたりするのではなく、毎日同じ量を飲み続けることが脳の健康の秘訣といわれています。

パワーたっぷりの健康食品

サプリメント

マカは南米の高地に育つ植物で、サプリメントなどの原料として用いられています。16種類のアミノ酸をはじめミネラル・ビタミンなどの成分を豊富に含み、総合的な健康食品として評価されています。精力増強効果も期待できます。

詳しくはこちら