認知症にならずに健康に過ごす【予防方法を知って解決】

夫婦

女性に多い病気の治療

漢方

メジャーな治療法

中高年の年齢層に多い病気として、更年期障害があります。更年期障害は、特に女性に多く症状が出る病気です。症状は人によって大きく異なります。例えば、汗が止まらない、動悸や息切れがする、生理が不順になるなどがあります。症状の程度も人によって差があります。病院に行かなくても良い人もいれば、薬が無いと辛い人もいます。更年期障害の治療法として人気なのは、ホルモン剤による治療法です。更年期障害はホルモンバランスが崩れたことにより、様々な症状が出てきます。そのため、ホルモンを投与することで体内のバランスを安定させることができます。また、漢方薬やサプリメントを使って症状を和らげる方法もあります。ホルモン剤と違って、穏やかに作用するのが特徴です。

自分に合った治療法を

更年期障害にホルモン剤を使うことはとても多いですが、人によってはホルモン剤が体に合わない場合があります。元々の更年期障害の症状に加えて、新たな症状を引き起こす可能性があります。そのような場合には、すぐにホルモン剤の使用を中止し、医師に再度相談することが大切です。ホルモン剤が体に合わない人には、代替方法として漢方薬を処方されることが多いです。漢方薬は、先述したように、ホルモン剤よりも穏やかに効き、また副作用も少ないのが特徴です。さらに、その人の症状に合わせて配合させる薬を調整しますので、その人に合った薬を作ることができます。また、漢方の他にはサプリメントという方法もありますが、サプリメントは薬ではありません。食品としての扱いになりますので、症状が軽い人向きのものと言えます。